不要車は廃車ではなく買取に出す

   

不要車は廃車にしてしまうと、お金になるどころか逆に処分費用が掛かってしまいます。だから、廃車にして自分で処分をするより、買取専門業者に売ってしまう方が得になるのです。たとえ走らなくなった車でも、車の種類や状態によっては思わぬ高値がつくこともあります。なぜかというと、日本車は丈夫にできているため、きちんとした整備点検さえされていれば、たとえ10万キロ走っていたとしても問題なく走ります。
日本の車は、丈夫でなかなか壊れないと海外では有名ですから、アジアやアフリカ諸国に持っていけば飛ぶように売れるのです。海外旅行で中東などに出掛けた時、年季が入ったの日本メーカーの車が街中を元気に走っている姿を目にしたことがあることでしょう。また、車自体に問題があっても、分解して内部のパーツごと売ることもできます。だから、買取専門業者はどんな車でも高く買ってくれるのです。

不要車買取業者選びのポイント

まず第一のポイントは、なるべくよく知られている大手の業者を選ぶことです。全国展開しているような会社はそれだけの実績もあり知名度もありますので、ある程度信用がおけるのです。第二に見積もり料金や手数料が無料のところです。第三に廃車費用、レッカー運搬費用、書類代行費用などが無料の会社が良いでしょう。これらの部分で費用が掛かりすぎると、色々引かれて最終的な買取価格が低くなってしまいます。第四に廃車手続きで自動車税が戻ってくる業者です。普通乗用車の場合は、抹消手続き完了から2か月くらいで還付金が戻ってきます。
最後に気を付けなければならない点ですが、異様に高い査定額を提示してくる業者は要注意です。まれなケースとして、高い査定額を餌にして契約を結び、その後、問題が見つかったという言いがかりをつけて査定額を大幅に引き下げようとする業者もいます。

買取業者はネットで見つけよう

業者選定のポイントとしていくつかあげましたが、実際に不要車買取業者を選ぼうとすると、業者自体をどうやって探せば良いのか、案外わからないものです。そこで、一番便利な方法がネット検索です。勿論、自宅近くに大手の買取専門業者はあるでしょうが、最初からそこへ行く必要はありません。その業者が全国展開の業者なら、ネットにも出てくるからです。先ずはネット検索で出てきた業者を、前述したような基準で選定していきます。
大抵の会社は見積もりまで出してくれますので、それらを見比べて、より良いと思った会社のホームページにアクセスするか、もしこの会社の営業所が自宅近くにあるのならば、実際訪問して話をしてみると良いでしょう。全くお金にならないと思っていた車が、意外なお金に変わったという嬉しい出来事が起こるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

不要車は廃車ではなく買取に出す

不要車は廃車にしてしまうと、お金になるどころか逆に処分費用が掛かってしまいます。だから、廃車にして自分で処分をするより、買取専門業者に売ってしまう方が得になるのです。たとえ走らなくなった車でも、車の種...

自動車リサイクル法と不要車買取

不要車を処分しようとする場合、自動車リサイクル法という法律を知っておかなければなりません。車は適正に処分されるためにリサイクル法に則って処分され、利用者はその負担をしなければならないのです。この法律は...

不要車買取の際の査定とは何か

車の査定には二つあります。一つは下取りの場合で、二つ目は買取の場合です。下取りの場合は、今まで述べましたように新しく車を買うことが前提となっていますので、購入を予定している車の見積価格の中から、下取り...

下取りと不要車買取の違い

不要車を処分しようと考えた時、買取を頼む方法と下取りしてもらう方法の二つがあります。一般的にはどちらも同じものと思っている人が多いようですが、実はこの二つは全く違うものなのです。それではどのような違い...