自動車リサイクル法と不要車買取

   

不要車を処分しようとする場合、自動車リサイクル法という法律を知っておかなければなりません。車は適正に処分されるためにリサイクル法に則って処分され、利用者はその負担をしなければならないのです。この法律は、車という資源を無駄にしないようにというエコロジーの考え方と、車から出てくる有害物質を適切に取り除くという目的から平成17年に制定されました。それまでは有益な資源のみを取り出し、それ以外はゴミとして埋められていたのですが、それではフロンガスなどの有害物質が環境を破壊するということで、この法律が作られたのです。この法律によってリサイクル費用は車の所有者が負担することになります。リサイクル料金は平成17年以降に車検をしていれば、その時に払っているので改めて払う必要はありませんが、もしそれ以前の車検ならば、払う必要が出てきます。車が不要になったからと言って勝手に処分はできませんし、処分するにはそれなりの費用が掛かりますので、できるだけ安くしようとするのならば、やはり買取ってもらう方法を考えるべきでしょう。

不要車の解体処分費用

車を処分するためには、廃車手続きをしなければなりませんが、全く使わない車を処分する場合は抹消登録手続きが必要となり、これは陸運局で行いますが、検査登録印紙代として350円が必要となります。次に、リサイクル料金がかかってきます。国産軽自動車なら8,000円、国産普通乗用車なら10,000円、外国車で15,000円、大型車なら20,000円ほどになります。ただしこれは概算であって、メーカー、車種、その他の装備によって一台ずつ違います。
登録抹消の場合、お金が戻ってくることもあります。それは車検が1ヶ月以上残っている場合、重量税が還付されるのです。
解体業者に車本体を処分してもらうと、その費用は10,000円程度が相場です。しかし、解体業者の中には車自体が鉄くずとして売れるので、無料で引き取ってくれるところもありますので、その際はよく調べてみる必要があります。なお、自分で車を解体業者のところへ持ち込むのなら問題はないのですが、もし、全く動かなくなった車、あるいは車検が切れている車を依頼する場合は、引き取り費用が掛かります。これは移動距離にもよりますが、大体10,000円くらいはかかります。

自分で処分するより買取の方が断然有利

今まで述べてきましたように、自分で車を処分しようとすると、その費用は意外と掛かるものです。また、それ以上に厄介なのは手続きです。解体業者との交渉や陸運局へも足を運ばなければなりません。それだけの手間と労力をかけてまでやってメリットがあるのかどうか、よく考えるべきかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

不要車は廃車ではなく買取に出す

不要車は廃車にしてしまうと、お金になるどころか逆に処分費用が掛かってしまいます。だから、廃車にして自分で処分をするより、買取専門業者に売ってしまう方が得になるのです。たとえ走らなくなった車でも、車の種...

自動車リサイクル法と不要車買取

不要車を処分しようとする場合、自動車リサイクル法という法律を知っておかなければなりません。車は適正に処分されるためにリサイクル法に則って処分され、利用者はその負担をしなければならないのです。この法律は...

不要車買取の際の査定とは何か

車の査定には二つあります。一つは下取りの場合で、二つ目は買取の場合です。下取りの場合は、今まで述べましたように新しく車を買うことが前提となっていますので、購入を予定している車の見積価格の中から、下取り...

下取りと不要車買取の違い

不要車を処分しようと考えた時、買取を頼む方法と下取りしてもらう方法の二つがあります。一般的にはどちらも同じものと思っている人が多いようですが、実はこの二つは全く違うものなのです。それではどのような違い...