下取りと不要車買取の違い

   

不要車を処分しようと考えた時、買取を頼む方法と下取りしてもらう方法の二つがあります。一般的にはどちらも同じものと思っている人が多いようですが、実はこの二つは全く違うものなのです。それではどのような違いがあるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。下取りとは、新しく車を買うことを条件に今ある車を買ってもらうことです。ですから、自動車販売店側の車の売買価格と買取価格は販売店によって違ってきます。当然ながら、不要車はその販売店に引き取ってもらうことになるのです。
買取の場合は、単に不要車を買ってもらうだけのことです。友人・知人に買ってもらったり、買った車のメーカーやカーディーラーに持ち込んだり、あるいは専門業者に頼んだりする方法があります。

自動車メーカーによる買取

メーカーに買い取ってもらうと言っても、厳密にはメーカー認定の買取業者というべきでしょう。テレビでは特定のメーカーを買い取り対象とした業者のCMも見受けられますので、知っている人も多いことでしょう。
そして、メーカー認定の買取業者は、そのメーカーの車だけを扱っているというわけではありません。他メーカーの車も買い取ってもらうことができます。ただし、注意しなければならないのは、査定などの点で多少の違いが出てくることがあるという点です。

ディーラーによる他メーカー車の買取

基本となるのは下取りです。つまり、その業者の扱っている車を新しく買う代わりとして、不要車を買い取ってもらうということです。それでは、不要車のメーカーが、業者で取り扱われていない場合はどうでしょうか。買い取ってもらうことができないと思われがちですが、違うメーカーの車であっても、多くの場合下取りしてくれます。なぜならば、自社の車を買ってくれるわけですから、たとえ他社の車であっても下取りしてくれるのは当然ともいえることなのです。
ただし、下取り価格については若干違いが出てくることもあるようです。これは必ずしも安くなるということではなく、自社メーカーであっても査定には年式や走行距離などが関係してくるからなのです。実際の例としては、複数のディーラーに見積もりを依頼したら、かなりの開きがあったという話もあります。ですから不要車を処分する時には、同じをメーカー取り扱うところと、他社メーカーを取り扱うところから見積もりを取って検討するのが一番良い方法です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

不要車は廃車ではなく買取に出す

不要車は廃車にしてしまうと、お金になるどころか逆に処分費用が掛かってしまいます。だから、廃車にして自分で処分をするより、買取専門業者に売ってしまう方が得になるのです。たとえ走らなくなった車でも、車の種...

自動車リサイクル法と不要車買取

不要車を処分しようとする場合、自動車リサイクル法という法律を知っておかなければなりません。車は適正に処分されるためにリサイクル法に則って処分され、利用者はその負担をしなければならないのです。この法律は...

不要車買取の際の査定とは何か

車の査定には二つあります。一つは下取りの場合で、二つ目は買取の場合です。下取りの場合は、今まで述べましたように新しく車を買うことが前提となっていますので、購入を予定している車の見積価格の中から、下取り...

下取りと不要車買取の違い

不要車を処分しようと考えた時、買取を頼む方法と下取りしてもらう方法の二つがあります。一般的にはどちらも同じものと思っている人が多いようですが、実はこの二つは全く違うものなのです。それではどのような違い...